自作のキャンピングカーってできる?

自作のキャンピングカーってできる?

「キャンピングカー」とは、車中で寝泊りできる設備を搭載した車のことを指します。
エンジンのついている自走式車は米国では「モーターホーム」と呼ばれる程、ほとんど住居と変わらない装備を持ち合わせてます。
もうひとつはエンジンはなく、ヘッドの車に牽引するタイプの「キャンピング・トレーラー」があります。
日本ではこれらを総称して「キャンピングカー」と呼称されています。
「キャンピングカー」は中古でも流通が難しく、必ずしも気に入った車種が出回るとも限りません。
そんな「キャンピングカー」ファンの間では「自作」、いわゆる「手作りキャンピングカー」が話題を呼んでいます。
今の車や、元となる車を中古で購入し、自分で内装を施せば新車の半分のコストだといいます。
つまり「自作」は、もっとも自分の理想とする世界に1つしかない「オリジナル・キャンピングカー」を低コストで手に入れることができるのです。
そして「自作」のよさと醍醐味は、時間をかけて手作りする楽しみと達成感を味わえることにあります。
しかしキャンピングカーの自作となると規定条件や、キャンピングカー自体の機能、特性を十分に把握していないと違反や、危険も伴います。
そして後悔しないためにも「どのようなキャンピングカーにしたいのか」「どのように使うのか」「そのためには何が必要か」のコンセプトをしっかりと固め、レイアウトやデザインを具体的にしていくことが必要となってきます。

関連ページ

キャンピングカーをレンタルで楽しむ
キャンピングカーは、車内で寝泊まりができ、生活もできる設備もあり、なんだか夢がありますね。キャンピングカーで遠くへ出かけることを誰でも一度は夢見るものです。ここではキャンピングカーの魅力をお伝えします。